漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
しはるじぇねしす 1巻 (1) しはるじぇねしす
近藤 るるる (2006/12/22)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


ファミ通での漫画の連載でお馴染みの近藤るるる。
この人の描く女の子はすご~くかわいいと思う。
全段ぶち抜きで全身を描かれたキャラには見惚れるばかりである。

本作『しはるじぇねしす』は、コミックアライブで連載中の作品。
主人公の女子中学生不動詩遥は、6千年前に神との争いに敗れたルシファーの転生した姿だが、本人はそれにまだ気がついていない。
その詩遥を覚醒させようと企むかつてのルシファーの部下たちとそれを拒んで詩遥を守ろうとする幼馴染の絵美香(彼女は天使)、元ルシファーの強力な部下で詩遥の同級生に転生している六副官たちが入り乱れるコメディチックなノリだ。
とにかく詩遥、絵美香、そして六副官が愛らしいのである。

作者がこれだけの実力者だと、女の子がいちゃついているだけでも読者はいい気分になってしまうのだが、きちんと設定の根底に6千年前よりの転生というものがあり、それに沿ってストーリーが進行していく。
天界の意図が読めなかったり、ルシファーと絵美香の過去が述べられたり、新しい六副官の存在も明らかになるなど、現在最新の単行本2巻でも、その展開は見逃せないものとなっている。
意外な骨太ストーリーを愛らしくコミカルに歩む本作。他の百合作品とは一味違った感じで楽しめる。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://newwell.blog60.fc2.com/tb.php/98-f5c66a22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。