漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
再婚一直線! 再婚一直線!
安彦 麻理絵
祥伝社

この商品の詳細を見る


男性に比べて、女性が描く漫画にはエッセイ漫画が非常に多い。
これらの作品を読むと、やはり男女の違いか、男性としてはいまいちピンとこないことが多い。
しかし例外的に、これは!と思う作品もある。安彦麻里絵の『再婚一直線!』を始めとする作品群がそれだ。

安彦麻里絵の漫画はとっても面白い。
まず、最大の魅力は作者自身のキャラのブサイクさだろう。
作中の作者は、常にタバコを持ち、煙を噴いている。これ、煙を口ではなく鼻からモクモクと出しているところがポイント。
止められないタバコを吸う作業についても、決して能動的でない彼女の生き様に涙さえ誘われそうになる。

いや、そんな深刻になってはいけないのだ。
オシャレを極めたり、仕事と家庭をきっちり両立したり、趣味を追及したりといった模範的なライフスタイルではなく、駄目な女の生き様を赤裸々に面白おかしく描いているからこそ、彼女のエッセイはインパクトが強く優れている。
一歩引いちゃうと決して笑えないエピソード(化粧品に金使い過ぎて娘のお弁当のおかず買えなくなった等)が、ブサイクな作者像を通じて面白おかしく披露される。
これはもうゲラゲラ笑うしかないだろう。

本作『再婚一直線!』では、離婚した作者が担当編集者と共に料理やメイクといった魅力的な女性に不可欠なことを身につけるべくチャレンジしていくのが主な内容である。
毎回講師として登場する、それこそ模範的な女性たち。彼女を師事を受けながら吐露される作者の心情が余りにもせつな過ぎるが、ここでもまた、上記と同じ描かれ方をされるため、ゲラゲラと笑うしかないのだ。

ちなみに、本作には続編として『寿編』がある。
『寿編』では、結婚の準備に悪戦苦闘しながらも、友人に囲まれて式を挙げるまでが展開される。
最後には作者本人の写真があったりするのだが、漫画のようなブサイクではなく、ちょっとがっかりしたりして・・・。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://newwell.blog60.fc2.com/tb.php/95-d5d46e1b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。