漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近、職場の飲み会が続いています。
先日のお泊り研修に続き、一昨日の金曜日は打ち上げが。朝まで飲みました。
上から下まで、酒を飲みながら十数名がわいわいがやがや。特に職責の近い者同士は、話題も合い話も弾みます。
お偉いさん方は、今後の仕事の方針や業界の動向について。
中堅クラスの先輩方は、職場の噂話やトピックを。
私とすぐ上の先輩は、主にTYPE-MOONの話を
丸ノ内の夜は、賑やかに更けていきました。

【続刊】
少女ファイト 2 (2) 少女ファイト 2 (2)
日本橋 ヨヲコ (2007/02/23)
講談社

この商品の詳細を見る
高校編始動で、ガツンと面白さもアップしている第2巻。満足です。
やっぱり、『G戦場へヴンズドア』に登場した長谷川留美子のレギュラー化が嬉しいですね。
その他個性的なメンバーの賑やかな部活動がえがかれる中で、読む者の胸に熱く響く日本橋節が飛び出す。これですよ、待っていたのは。
ただ、気がかりな点も少々。
毅然としながらも病弱な部長のキャラや、チームで女同士のカップリングが複数成立してしまうなど、俗にいう萌え漫画との距離の近さが窺えます。
また、日本橋ヨヲコ特有の太くて整理された線では、いまひとつボールの軌道に速さや迫力が感じられないのも気がかりな点のひとつ。

ヴィンランド・サガ 4 (4) ヴィンランド・サガ 4 (4)
幸村 誠 (2007/02/23)
講談社

この商品の詳細を見る
かわいいですねえ、王子サマ。
どうやらトルフィンと互いに刺激しあう仲になりそうです。このままだと夏のコミケでヴィンランド・サガ本が結構出たりするのでは。
アシェラッドの生い立ちも披露され、物語のスケールもアップしてきました。こうなると、史実との兼ね合いも気になってくるところ。
作者の丁寧な仕事ぶりには惚れ惚れさせられます。

ZOOKEEPER 2 (2) ZOOKEEPER 2 (2)
青木 幸子 (2007/02/23)
講談社

この商品の詳細を見る
動物よりも人間に焦点が当たっていることが多い感のある今巻。
フレンドパークの話が面白かったです。
気に入ったのは、アカネの心根がさらされるラストの場面。思慮の浅いように見えた人間の行動に、筋の通った根拠を披露し、裏付けを与える。青木幸子に限らず、最近の漫画家はこの辺が上手い気がします。
力の抜けたおまけ漫画も味があって楽しかった。

放浪息子 6 放浪息子 6
志村 貴子 (2007/02/26)
エンターブレイン

この商品の詳細を見る
文化祭で演劇・・・『青い花』とやっていることが同じなんですね。
二鳥君が姉の水着に手を出してしまったシーンでは、アチャーって感じがすごくよくして、作者の力量を垣間見た思いです。
私としては、二鳥君の性欲にもスポットを当ててもらいたいです。中学生ですし。
それにしても、千葉さんのロミオの凛々しいこと!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://newwell.blog60.fc2.com/tb.php/75-73df92b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。