漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今週は、夜遅くまで仕事している日が多かったです。
やべ、まだネギま!と結界師読んでねえ!
なんて残業中にふと気づいたり・・・。
漫画どころか少年漫画すら一生卒業できないんでしょうね。

【初読】
LOVE MY LIFE LOVE MY LIFE
やまじ えびね (2001/09)
祥伝社

この商品の詳細を見る
レズビアンのカップルの物語。
動きに乏しい画で繰り広げられるのは、印象的な台詞による会話劇。挿絵の多い小説のようにも感じられます。
海外の小説や映画みたいな乾いた空気を持った作品にもかかわらず、読後感の良いラストなのは好印象。
一般的にオシャレ系というのでしょうが、私は読み心地のよさを感じました。

【続刊】
魔法先生ネギま! 17 (17) 魔法先生ネギま! 17 (17)
赤松 健 (2007/01/17)
講談社

この商品の詳細を見る
超一味との全面戦争がクライマックスを迎え、終始ハイテンションの最新巻。夢中で読みました。
超も龍宮も、そしてネギも皆信念に基づいて己の力を振るっている。その姿のかっこいいこと!
後半の超とネギのバトルは読み応え充分。
圧倒的な情報量で畳み掛けて、長い文化祭(超編?)をここまで持ってきた構成力を私は評価します。
これからも萌えじゃなくて燃えのほうが楽しみでならないですね。

結界師 15 (15) 結界師 15 (15)
田辺 イエロウ (2007/01/18)
小学館

この商品の詳細を見る
こちらも期待を裏切らない出来。
厳しさと優しさを併せ持つ刃鳥さんが素敵じゃありませんか!華のないこの物語の救いになって欲しいと期待がかかります。
今巻で強調されている、根拠のよくわからないまま力が増幅していく主人公のことを恐ろしく感じてしまう点は、少年漫画にしては新鮮。それでも応援したくなるんですけどね。
良守も烏森も、まだまだ底が知れないということでしょうか。

ひまわりっ~健一レジェンド~ 3 (3) ひまわりっ~健一レジェンド~ 3 (3)
東村 アキコ (2007/01/15)
講談社

この商品の詳細を見る
今巻も実話を元にしたエピソードが盛りだくさん。
特に愉快だった健一ネタは、アキコが描いた漫画を実話だと思い込み暴走する話とひたすらマンゴーに固執する話。
このお父さんの得体の知れないエネルギーには脱帽。
ガンダム、カイジ、筋肉マン・・・。脇役の暴走のほうも見逃せません。

傀儡師リン 2 (2) 傀儡師リン 2 (2)
和田 慎二 (2007/01/16)
秋田書店

この商品の詳細を見る
今巻では、リンの側もほかの人形を味方につけていきます。このまま人形が二陣営に分かれて戦うことになるのかな。
敵役の男二人は昨今のBLブームを意識しているのでしょうか。「BL」じゃなくて「ゲイ」にみえて仕方ありません。
ヨーヨーでセルフパロディが出来るのはさすがに巨匠。
これ以上、浅丘とリンの対決の繰り返しではだれそうなので、そろそろ次の大きな展開に期待したいです。

今日からヒットマン 4巻 (4) 今日からヒットマン 4巻 (4)
むとう ひろし (2007/01/19)
日本文芸社

この商品の詳細を見る
お得意のリアルな銃撃戦描写と下ネタが冴えています。
シナリオがご都合主義で結果オーライなのも相変わらず。
まあ、肩の力を抜いて読めて充分に面白いので、本作のシナリオについてとやかく言うのは無粋というもの。
二丁(十吉だけど)と美沙子の絡みもあって、今後はコメディ面も充実しそうな模様。
超長期連載になっても楽しく読める種類の作品ですね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://newwell.blog60.fc2.com/tb.php/66-fcd61a05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。