漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
おがきちかの単行本2冊同時発売が何よりも嬉しかった今週。
もちろん、発売日には秋葉原のとらのあなでサイン会整理券ゲットしました。

Landreaall 9 (9) Landreaall 9 (9)
おがき ちか (2006/12/25)
一迅社
この商品の詳細を見る
どうしてこんなに台詞の一つひとつが胸に響くのか。私の好きでたまらないシリーズの最新巻。
奔放のようでいて緻密なシナリオに、今更ながら驚かされます。
やっぱり気になるのは、今巻で表紙も飾ったメイアンディア。これからDXとはどのような関係になるのか。この作品に妹以外のヒロインが生まれるのか。注目せざるを得ません。
学園・円卓会議・王位継承・・・。大人の複雑な事情が多く披露されたのも、今巻の特徴。その都度、作者の思慮深さに舌を巻きます。
まあ、読み終えた後の、早く続きを読ませてくれぇ~と叫びたくなるこの枯渇感はいつものこと。

エビアンワンダーREACT 2 (2) エビアンワンダーREACT 2 (2)
おがき ちか (2006/12/25)
一迅社
この商品の詳細を見る
完結。
もうとにかく驚いたのは、フレデリカの過去の真実が明らかになるシーンで挿入された見開きのひとコマ。
台詞はなく、フレデリカとハウリィがいるだけですが、それだけで極限状態に置かれたフレデリカがハウリィに救われたこと、そしてふたりの関係を読者に飲み込ませてしまっています。
私には漫画の技術論的なことはわかりませんが、これをやりのけるには相当な技術とセンスが必要なのではないでしょうか。
ラストでは、フレデリカに救いがもたらされて、本当に本当に良かった!

げんしけん (9) 限定版 げんしけん (9) 限定版
木尾 士目 (2006/12/22)
講談社
この商品の詳細を見る
完結。
笹原と荻上の恋愛がメインになっていった中盤以降の展開には賛否両論あるようですが、私は好きでした。
ふたりを応援する春日部や大野、後輩たちを見守る斑目の姿が微笑ましく、これぞ青春モノって感じでよかったです。
さて、最終巻となる今巻では、冒頭からスーのアニメネタでかなり笑わせてもらいました。
春日部と斑目の微妙な距離のまま進展し得ない関係や擬音のみの第54話も味がありました。
最後までにぎやかで、そしてほんの少しの哀愁を帯びたいい作品だったと思います。

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4) PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
浦沢 直樹、手塚 治虫 他 (2006/12/26)
小学館
この商品の詳細を見る
浦沢直樹のストーリテラーっぷりは、やっぱり凄いものがありますね。
今巻でも一話一話に見所があり、思わず息を飲んでしまいます。
天馬博士とお茶の水博士という絡みも提示され、展開される人間ドラマから目が離せません。
ただ、浦沢作品はあまりに長編になる嫌いがあるので、できるだけ今の勢いで駆け抜けて欲しいです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://newwell.blog60.fc2.com/tb.php/59-175fd447

浦沢直樹
浦沢直樹浦沢 直樹(うらさわ なおき、1960年1月2日 - )は日本の漫画家。東京都府中市_(東京都)|府中市出身。東京都立富士森高等学校、明星大学経済学部卒業。代表作

2007.01.20 02:27 | アイカの部屋

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。