漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
気づけば、前月号の感想書いていませんでした。
しかし、この雑誌実は読んでいないのも多いので、感想書く作品も限られるんです。

『神様ドォルズ』 やまむらはじめ
新連載。かなりそそられました。
猟奇的な事件で日常が暗転する展開、人形のデザイン、そして大人しい妹系ヒロインも私の好み。
(おそらく)人形を操って戦うというコンセプトは、類似の作品が多く見受けられるので、どのように差別化を図るかが注目点。
同級生と妹の三角関係の方でも、きちんと楽しませて欲しいです。
年末に、楽しみな連載が加わりました。

『ブラック・ラグーン』 広江礼威
冒頭でやたらと接近して銃を撃とうとするメイド。やけに落ち着き払ったガルシア。
腑に落ちない描写が数点ありました。
張の台詞が多く、大人な雰囲気を盛り上げてはいますが、ちょっと元気がないと感じるのが正直なところ。
あの婦長の再登場に期待しましょう。

『ヨルムンガンド』 高橋慶太郎
こちらはパンツも穿かずに元気いっぱい。
女性キャラの目の釣り上がりっぷりやら新キャラの口の形やら、キャラクターの顔が若干凄いことになっている気が・・・。

『ラバーズ7』 犬上すくね
なつきとデートするムネノリの表情がやたら若いです。
作者は意識して描いているのでしょうか。

『正義警官モンジュ』 宮下裕樹
面白い。
この作品は、山岸と神谷だけでこんなに話を回せるんですね。
重い展開が続く中、こんなエピソードを挿入されると、意外と効きます。
とにかく女性に対する山岸の欲望とそれに対する神谷の嫌悪っぷりがひたすら笑いを誘います。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://newwell.blog60.fc2.com/tb.php/56-58d99397

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。