漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
職場の同僚と紅葉を観に埼玉へ。
とにかくよく歩きました。帰りは足も腰もガクガク・・・。
それでも、帰路の途中の池袋ではついついジュンク堂に寄ってしまいました。

ニコイチ 2 (2) ニコイチ 2 (2)
金田一 蓮十郎 (2006/11/25)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る
もう大満足の第2巻。
性別を偽りながら同性愛のカップルに・・・という展開は、問題がナイーブなだけに重くなりそうで心配でしたが、作者が軽妙に飛ばしているので、気にする暇もなく楽しめちゃいます。
真琴の葛藤がひたすら面白いです。
真琴の中で矛盾した感情が表れると、すぐに男と女の代理戦争になるあたりは、巧い仕組みだなと感心します。
おっぱいネタが多かったり、一時期流行ったマリみてのパロディAVをネタにしたり、下ネタの増加も見受けられますが、全体的にコメディとして抜群のクオリティを誇っています。
単行本が年1冊しか出ないのが実にもどかしい!そんな良作。

ふたつのスピカ 11 (11) ふたつのスピカ 11 (11)
柳沼 行 (2006/11/22)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る
アスミたち宇宙学校生とロボットが、訓練で対決するストーリーが興味深いです。
きちんとロボット開発者が掘り下げられていたのには好感を持ちました。
感情溢れる人間と感情のない機械を対比してヒューマニズムを賛美するのは簡単ですが、機械を作ったのは人間なわけで、機械にも当然に人間のドラマが宿っているはずなのです。
その点、作者はきちんと光を当てています。

鋼の錬金術師 15 (15) 鋼の錬金術師 15 (15)
荒川 弘 (2006/11/22)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る
数々の因縁の発端となったイシュヴァール戦役をえがくハガレン最新刊。
えがかれるのが私闘ではなく戦争ということで、作者の意気込みも並々ならぬものが感じられます。
ハードな世界観と物語と、子供に受けそうな画風のギャップに戸惑いがちな私ですが、今巻の眼の描写には驚きました。
人殺しの荒んだ眼、失う者の恨みに満ちた眼、目標を目指す決意の眼・・・。
それらの総てが、イシュヴァール戦役のもたらした結果ということでしょうか。
主人公たちが出てこないほうが、シリアス度が増してより良いですね。

○本の住人 1 (1) ○本の住人 1 (1)
kashmir (2006/10/27)
芳文社
この商品の詳細を見る
オタクの兄を持つメガネッ娘が主役の4コマ漫画。
先日、職場の同期と最近の漫画は帯も凝っているという話をしましたが、この作品の帯にはびっくり。裏を見て唸りました。
主人公の兄と同級生の2大強烈キャラを軸にオタクネタが続きます。
かわいい画でブラックなオチというお約束も交え、なかなか楽しい粒揃いの内容です。
美川べるのもそうですが、いまやオタクの世界をネタにするのは鉄板です。
オタクだからこの面白さが理解できると考えれば、オタクになるのもそう悪いことばかりではありません。
・・・そう思わないとやっていられない今日この頃です。
スポンサーサイト

紅葉見にいったんだ、いいなぁ。

でも足はともかく腰までガクガクになるとは・・・なにしてきたんすか(笑)

2006.11.27 22:23 URL | ますーる #- [ 編集 ]

>ますーるさん

一緒に行った彼が、おとなしい顔して凄くよく動く人で・・・。
後半は「もう、これ以上は僕壊れちゃうよ!」って感じでした。

2006.11.28 00:28 URL | hachigiku #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://newwell.blog60.fc2.com/tb.php/48-f1d8459f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。