漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とにかく手待ち時間が多い今週の仕事。実働1.5時間。他は同僚たちとしゃべったり、漫画を読んで過ごしています。
今日は勤務時間中に、漫画を6冊読みました。
なんだそりゃ。

惑星のさみだれ 2 (2) 惑星のさみだれ 2 (2)
水上 悟志 (2006/09/27)
少年画報社
この商品の詳細を見る
実にいい展開をしてくれました。
姫を優先するあまり、邪な考えにとらわれ、徐々に眼光鋭くなっていく主人公。
これからの物語を大きく方向付ける別れと出会い。
もう、目が離せません。

しゅごキャラ! 1 (1) しゅごキャラ! 1 (1)
PEACH-PIT (2006/07/06)
講談社
この商品の詳細を見る

少女や少年が、「しゅごキャラ」の力で変身して活躍する物語。
同じくPEACH-PIT作である『ローゼンメイデン』よりも線がはっきりしていて、私好みでした。
女の子も男の子もかわいいのは、お手の物といったところでしょうか。
物語の導入部としてはツボを押さえていて、これからに期待させるだけのクオリティに仕上がっています。

ライフ 13 (13) ライフ 13 (13)
すえのぶ けいこ (2006/09/13)
講談社

この商品の詳細を見る
いじめをえがいた作品。「女子高生って怖ぇ~」と思いつつ読んでいます。
序盤から登場しているキャラだけでまわして、未だにテンションが衰えない。これは凄いことです。
その分、歩の苦しい闘いはひたすらに続くのですが・・・。
平岡先生の復活を期待します。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://newwell.blog60.fc2.com/tb.php/30-6a6d50a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。