漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『マンガ・エロティクスF』は、私が新刊を楽しみにしている雑誌です。
奇数月発売の隔月刊ということもあり、総じて掲載作品のクォリティが高いのが大きな魅力です。
そのため、『青い花』・『ばら色の頬の頃』・『ラビパパ』・『ブラッドハーレーの馬車』など、繰り返し読み返す作品も多いです。

『青い花』 志村貴子
現在私が単行本を買っている作品の中では、最高クラスの面白さを誇る作品。
前号では杉本先輩の家族が強烈でしたが、今回はあーちゃんが中心に。
ふみちゃんや杉本先輩との絡みが堪能できました。いやあ、それにしても杉本先輩の首筋が色っぽい。
今月号も何度も読み返すことになりそうです。

『夢見る古都』 星野リリィ
新連載。画が綺麗です。
内容はよくわかりません。
初回なのですから(ただでさえ隔月刊ですし)、もっとページ数を増やして欲しかったです。

『パパイヤ軍団☆』 青木光恵
連載再開。初見だったのですが、これは面白い。
女の子もかわいいですね。キャバ嬢同士の恋愛というのもおつです。
この雑誌を買う楽しみが増えました。

『キナコタイフーン』 渡辺ペコ
AVの撮影現場が舞台というのも凄いですが、途中のAVのシーンに噴き出しました。
こういうバカバカしいのは大好きです。

『ばら色の頬のころ』 中村明日美子
本編である『Jの総て』が好きなのですが、この作品のほうが本編よりも完成度が高い気がします。
これからの物語を彩るであろう脇役たちの登場に期待が高まります。
特にドナが素敵。この作者には、もっと女性を描いてもらいたいなあ。

『ラビパパ』 安田弘之
和みますねぇ。
凄くいい!というわけではないのですが、ついつい繰り返し読みたくなる魅力があります。
すっかりみゆきママの虜なのです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://newwell.blog60.fc2.com/tb.php/22-34784e76

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。