漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
読みきりの『天使飼育日記』。
作者の和泉かねよしは少女漫画を中心に描いている作家ですが、『二の姫の物語』などを読むに、男性受けする作品も描ける人です。
天使が実に愛くるしい今作でもそれを実感しました。オチを除いては・・・。

『ブラック・ラグーン』は、読者の期待を裏切ることなくバオがぶち切れる展開に。
新キャラはメイド服にスパッツ。そそりますね。
次号は休載とのこと。できるだけ休載はなくして欲しいです。この作品が載っているかどうかでこの雑誌の価値が大きく違うので。

高橋慶太郎の『ヨルムンガンド』は連載間もないですが、かなり楽しみにしている作品。戦闘狂たちの描写がいいです。
おねーちゃんだけでなく、仲間たちのキャラをきちんと掘り下げられたのならば、『ブラック・ラグーン』に匹敵する作品に化けるかもしれません。

前回ご紹介した『ラバーズ7』。
ひろみとなつきがなんだかいい感じになってきちゃっています。甘酸っぱいです。
ここにムネノリがどう関わってくるか。どんな醜態をさらすのか。
今後の展開を考えるとニヤつきが止まりません。

『正義警官モンジュ』は大好きな作品ですが、掲載順位がいつも遅くてやや心配です。
今回も山岸順平のエピソードがよかったです。前の駄菓子屋の話といい、今回といい、山岸がどれだけ周囲の人に支えられて育ってきたかがわかります。
その話の積み重ねが、今後の展開に大きな説得力を持たせるのでしょうか。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://newwell.blog60.fc2.com/tb.php/17-ad1a998c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。