漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ロリコンフェニックス 1 (1) (角川コミックス ドラゴンJr. 103-1) ロリコンフェニックス

松林 悟 (2007/02/01)
富士見書房

この商品の詳細を見る

先日、職場の先輩方と行った韓国旅行に持参したら、妙に受けが良かった『ロリコンフェニックス』をご紹介。
ロリコンを題材にしながらも、あまりのくだらなさで、逆に間口が広くなっているのかもしれない怪作だ。

主人公は、ロリコンのニートであり、日夜正義の味方(自称)「フェニックス」として、幼女たちを見守って(観察して)いる。
そして、「06年度ベスト・オブ・少女」渡辺未亜ちゃん(5年生)を狙う謎の組織BL団の怪人たちと対決するというのが基本的なストーリー。
ここで肝なのは、ヒーロー役の主人公も怪人もロリコンであるということ。
結局、ど変態同士によるハイテンションな戦闘が描かれるのだ。

ギャグのノリがよくて楽しい。
小粋な下ネタの連続に絶叫調の迷台詞が雰囲気を盛り上げる。
また、性的嗜好を上手く外見に反映している怪人のキャラ造型も見事だ。
欲をいえば、後は未亜ちゃんだけかわいく描ければ・・・。

ところで、私は「くだらない」作品を高く評価する。これは自分でも意識してのことだ。
他のメディアもそうではあるが、こと漫画についてはいっそう高く評価したい。
漫画には、デフォルメを効かせたスカトロジーなど、他のメディアでは難しい表現をも駆使して、くだらなさに特化してきた歴史がある。
古い考えの方には、「漫画なんてくだらなくて下賎なもの」という評価が今でもあるようだが、これは真実の一端をついてはいる。
だが、そんな漫画だからこそ、今なおくだらなさを武器に第一線で活躍する作家たちの才能に、私は驚嘆せずにいられないのだ。

本作の作者松林悟にも、その系譜に名を連ねる作家に成長することを願ってやまないのである。
スポンサーサイト

BL団という変態集団が引き起こすあのギャグが面白い。例え、タイトルに「ロリコン」という言葉がついていて、買いづらいイメージがあったとしても、面白けりゃそれで良いと思う。ましてや、現代の面白みのない人や作品が多い世の中なら、尚更こういった作品は貴重だと判断できる。因みに「くだらない」とか言い過ぎ。もっと言葉を考えましょう。失礼です。礼儀も知らないくせに書き込みなんて言語道断としか言えませんね。そういった事は思うだけにしておくべきという当たり前な事も分らない様では人として大分落ちぶれてますね。

2007.09.11 00:54 URL | 暗黒の蒟蒻 #WV4V227M [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
2巻も読みましたが、面白かったです。
期待通りくだらなくて。

コメント後半のご指摘ですが、私は、くだらない=悪ではなくて、面白さのベクトルの方向だと思うのです。
出尽くした感のある現在であるからこそなお、新しいくだらないアイディアで勝負している点を評価したかったという趣旨なのですが、伝わらなかったでしょうか。
私は、くだらなさも価値のひとつだと思っております(特にギャグ漫画では)。

2007.09.17 11:41 URL | hachigiku #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://newwell.blog60.fc2.com/tb.php/106-aaaff6f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。