漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
職場に新人登場。
早速酔っ払って粗相をしてくれました。
酒の席での面倒までは見たくありませんよねえ。

2日『NARUTO』40巻 岸本斉史

7日『だって愛してる』2巻 むんこ

8日『モテ★ハピネス』1巻 青木光恵

9日『CYNTHIA THE MISSION』6巻 高遠るい

『学園天国パラドキシア』2巻 美川べるの

16日『ツバサ』21巻 CLAMP

『絶対可憐チルドレン』11巻 椎名高志

17日『うたうめ』1巻 安田弘之

19日『駅から5分』1巻 くらもちふさこ

『皇国の守護者』5巻 佐藤大輔・伊藤悠

『悪魔とドルチェ』2巻 鈴木ジュリエッタ

『執事様のお気に入り』2巻 伊沢玲・津山冬

20日『しゅごキャラ!』5巻 PEACH-PIT

22日『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』4巻 環望

『超空転神トランセイザー』2巻 美川べるの

『きのう何食べた?』1巻 よしながふみ

『君に届け』5巻 椎名軽穂

24日『Landreaall』11巻 おがきちか

26日『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』16巻 安彦良和

27日『GUNSLINGER GIRL』9巻 相田裕

『○本の住人』2巻 kashmir

29日『デトロイト・メタル・シティ』4巻 若杉公徳

30日『小指でかきまぜて』 雨がっぱ少女群

『PLUTO』5巻 浦沢直樹
 
『医龍』15巻 乃木坂太郎・永井明
スポンサーサイト
軽井沢や札幌など、旅行で忙しかった9月の週末。
今週末は遅れを取り戻すべく、家に引きこもり。
おかげで生活が夜型に。
仕事の繁忙期を目前に、まずい状況であります。

<オススメ新作>
BLUE DROP-天使の僕ら 1 (1) (チャンピオンREDコミックス) BLUE DROP-天使の僕ら 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
吉富 昭仁 (2007/09/20)
秋田書店
この商品の詳細を見る

本作の魅力について語れない己が表現力のなさを恨む。
とにかく混沌としていて、BLなんだか百合なんだかSFなんだかシリアスなんだかギャグなんだかよくわからない作品。
でもものすごく楽しい。
下ネタ好きで、お馬鹿な漫画が読みたいのならば、買って損なし。

<続刊>
こどものじかん 4 (4) (アクションコミックス) こどものじかん 4 (4) (アクションコミックス)
私屋 カヲル (2007/09/12)
双葉社
この商品の詳細を見る

今巻の後半の宇佐とレイジのシーンに号泣。
レイジの言っていることは励ましに聞こえるけれど、小学生相手には凄く残酷なこと。
それでも、その言葉にすがる宇佐の姿が切ないし、これはこれでいいのかとも思っみるものの、やっぱりやり切れない。
大人顔負けのエロネタにまみれた幼女たちに、きちんと大人なドラマがあるのが相変わらずの魅力ですな。

夏のあらし! 2 (2) (ガンガンWINGコミックス) 夏のあらし! 2 (2) (ガンガンWINGコミックス)
小林 尽 (2007/09/14)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る

ようやく作品の方向性が見えてきた。
まさかこんなに真っ向から戦争(東京大空襲)を題材に持ってくるとは驚き。
古臭さのある作者の絵はノスタルジックで、昔を描くのに相性はよさそう。
骨太な作品になることを期待させるに足る内容になっている。

Pumpkin Scissors 8 (8) (KCデラックス) Pumpkin Scissors 8 (8) (KCデラックス)
岩永 亮太郎 (2007/09/14)
講談社
この商品の詳細を見る

よくぞここまで面白くなってくれた。
作品の完成度が初期と比べて段違い。
人間の感情の錯綜を強調した今巻も隙がなく、じっくりと物語を堪能できた。
そろそろ広げた風呂敷を畳み始めて欲しいところ。

ハチワンダイバー 4 (4) (ヤングジャンプコミックス) ハチワンダイバー 4 (4) (ヤングジャンプコミックス)
柴田 ヨクサル (2007/09/19)
集英社
この商品の詳細を見る

気持ちいいくらいに勢いで出来ている漫画。
未だに息切れしてないのが何より凄い。
今巻でも、展開や台詞、リアクションから何からいちいち濃いのだけれども、それをさらっと読ませてしまうこの巧さ。
鬼将会とやらが匂わされたおかげで、今後にも少し見通しが。

大東京トイボックス 2 (2) (バーズコミックス) 大東京トイボックス 2 (2) (バーズコミックス)
うめ (2007/09/22)
幻冬舎コミックス
この商品の詳細を見る

驚くほど面白くなっている。
同人発のメーカーや、戦国BASARAといったゲーム業界のトピックスを絡めながら、生きる道を切り開いていくG3の面々を描く。
業界本としても読めるし、企業の奮戦記としても読める。
あふれる情熱を抱えながらも、ほろ苦い現実を生きていく。そんな登場人物がみんなかっこいい!

よつばと! 7 (7) (電撃コミックス) よつばと! 7 (7) (電撃コミックス)
あずま きよひこ (2007/09/27)
メディアワークス
この商品の詳細を見る

案の定やられた。
おつかいの話では、オチのもっていき方に唸る。
最後のコマで湧き上がってくるこの高揚感は、何事にも変え難い。
現代漫画の到達点の地位は揺るがない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。