漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ロリコンフェニックス 1 (1) (角川コミックス ドラゴンJr. 103-1) ロリコンフェニックス

松林 悟 (2007/02/01)
富士見書房

この商品の詳細を見る

先日、職場の先輩方と行った韓国旅行に持参したら、妙に受けが良かった『ロリコンフェニックス』をご紹介。
ロリコンを題材にしながらも、あまりのくだらなさで、逆に間口が広くなっているのかもしれない怪作だ。

主人公は、ロリコンのニートであり、日夜正義の味方(自称)「フェニックス」として、幼女たちを見守って(観察して)いる。
そして、「06年度ベスト・オブ・少女」渡辺未亜ちゃん(5年生)を狙う謎の組織BL団の怪人たちと対決するというのが基本的なストーリー。
ここで肝なのは、ヒーロー役の主人公も怪人もロリコンであるということ。
結局、ど変態同士によるハイテンションな戦闘が描かれるのだ。

ギャグのノリがよくて楽しい。
小粋な下ネタの連続に絶叫調の迷台詞が雰囲気を盛り上げる。
また、性的嗜好を上手く外見に反映している怪人のキャラ造型も見事だ。
欲をいえば、後は未亜ちゃんだけかわいく描ければ・・・。

ところで、私は「くだらない」作品を高く評価する。これは自分でも意識してのことだ。
他のメディアもそうではあるが、こと漫画についてはいっそう高く評価したい。
漫画には、デフォルメを効かせたスカトロジーなど、他のメディアでは難しい表現をも駆使して、くだらなさに特化してきた歴史がある。
古い考えの方には、「漫画なんてくだらなくて下賎なもの」という評価が今でもあるようだが、これは真実の一端をついてはいる。
だが、そんな漫画だからこそ、今なおくだらなさを武器に第一線で活躍する作家たちの才能に、私は驚嘆せずにいられないのだ。

本作の作者松林悟にも、その系譜に名を連ねる作家に成長することを願ってやまないのである。
スポンサーサイト
最近、定期的に家の近所の市営プールに行くよう心掛けている。体重の増加(※1)が非常にまずいことになっているからだ。

今日もいつものプールで泳いでいたら、コースに小学生の少女集団が入ってきた。たどたどしい泳ぎでしかも人数がいるため、コースはつかえてしまった。これまで泳いでいた方々は、どんどんコースを抜け、気がつけば私の目の前に幼女のお尻が・・・。

もちろん私もつかえてしまい、一生懸命平泳ぎをする幼女の後をだらだら泳いで付いていく成年男子というなんだかヤバイ構図に・・・。『らぶやん』のカズフサ(※2)が喜びそうなシチュエーションではある。もしかしたら彼女たちは、私を拘禁することを目的とするどこぞの組織の刺客で、ここで嫌疑をかけられて家宅捜索されて、LO(※3)とかすぐ見つかっちゃって、めでたく高い塀の中で国家によりヘルシーな食事と適度の運動を与えられて見る見るうちにスマートな僕ちゃんに・・・ってな想像をしてしまう。

泳ぎ始めて1時間超ということもあり、ちょうどいい機会だったので、私もプールから上がった(※4)。帰り際耳にしたアナウンスでは、午後6時を過ぎると中学生以下は入れなくなるとのこと。今度からもう少し遅く行くことにすべきかも知れない。

夜に高校時代の水泳部の旧友からメールをもらう(※5)。海の日当たりに集まるらしい。今日の出来事を武勇伝めかして、「俺が泳いでいると小学生の女の子たちが寄って来るんだよ~」とのたまってみようか。なんだか本当に羨ましがりそうなのがいるから困る。
社会人は、大体中旬に夏休みを含む8月。
少年サンデーのコミックスはいつも(16日頃)より前倒しで発売される一方、少年マガジンのコミックスは通常通り(17日)発売される様子。
これで、講談社より小学館のほうが労働条件が良さそうと思うのは安易な考えでしょうか。
社会人になってから、そんなことまで気になるようになりました。

3日『BLEACH』29巻 久保帯人

『D.Gray-man』12巻 星野桂 

『NARUTO』39巻 岸本斉史

『To LOVEる』5巻 矢吹健太朗

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』13巻 西義之 

『それでも町は廻っている』3巻 石黒正数

『PRESENT FOR ME 石黒正数短編集』 石黒正数 

4日『夏目友人帳』4巻 緑川ゆき

『会長はメイド様!』3巻 藤原ヒロ

『龍の花わずらい』4巻 草川為

6日『妹は思春期』9巻 氏家ト全

7日『ういういdays』5巻 犬上すくね

9日『ワールドエンブリオ』3巻 森山大輔 

『今日からヒットマン』6巻 むとうひろし

10日『ことこと。~子と孤島~』2巻 竹林月
密かに注目している作品。おがきちかを彷彿とさせる画で、ただただ楽しい。

『百花日和』1巻 埜納タオ
前作『華日和』は、池袋ジュンク堂でサイン本をゲットしました。

『絶対可憐チルドレン』10巻 椎名高志

『ワイド版 ARMS』3巻 皆川亮二

11日『鋼の錬金術師』17巻 荒川弘

17日『ツバサ』20巻 CLAMP

『DOGS/BULLETS&CARNAGE』2巻 三輪士郎

『ラバーズ7』7巻 犬上すくね
完結。単行本おまけが凄く楽しみ。 

21日『シグルイ』9巻 山口貴由

『鉄のラインバレル』7巻 清水栄一・下口智裕

23日『孫子の兵法』1巻 李志清

『怪物王女』5巻 光永康則

『ジャバウォッキー』3巻 久正人

『へうげもの』5巻 山田芳裕

『みつえ雑記』 青木光恵

24日『メンズ校』3巻 和泉かねよし

25日『すもももももも ~地上最強のヨメ~』8巻 大高忍

『新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画』4巻 高橋脩
近年のメディアミックスは、本当に侮れない。本作もレベル高し。

27日『おとめ恋々』 石田敦子

『ツマヌダ格闘街』2巻 上山道郎  

29日『職業・殺し屋。』10巻 西川秀明
ショクコロ10巻達成。主人公の過去の伏線は回収せぬまま黒歴史に?

30日『ボーイズ・オン・ザ・ラン』7巻 花沢健吾

『もっともそうな2人の沸点』 語シスコ

下旬『GENTE』 オノナツメ
凪渡り ― 及びその他の短篇 凪渡り ― 及びその他の短篇
高浜 寛 (2006/03/16)
河出書房新社

この商品の詳細を見る

最近知った高浜寛には、ため息をつかされっぱなしだ。
まず、その作品のクオリティの高さにため息。
まだ自分の知らないところにこういう凄い作家がゴロゴロしているのだろうなあ、とため息。
過去の作品がなかなか入手困難そうであることにため息。

現在、私は『凪渡り ― 及びその他の短篇』と『泡日』しか読めていないが、高浜寛は凄いのである。
緻密な描き込みと鮮やかな濃淡で彩られた画風は、写実的というか、なんだか「身につまされる」印象を受ける。切ない話が多いのだ。

そんな作品群の中でも、『凪渡り ― 及びその他の短篇』に収められている、『水いらず』は特に好きな作品。
男女が山奥の湯治場で一夜を過ごすという一編。これが実に味わい深く仕上がっている。
湯船の描写が非常に見事だし、圧巻なのはセックスシーン。
登場人物の身体が、確かな触感を持って迫ってくる。
女性がペニスを握る描写などは非常にリアルだ。
最後に男女の関係が明らかになるというオチもあり、物語としても読み応えもバッチリだ。

人々の人生のちょっとした瞬間を切り取って漫画にする。
作者はそんなことをやっている。
これからどんなものを見られるのか、期待で胸が膨らまないわけはない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。