漫画月

漫画のご紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
気づけば、前月号の感想書いていませんでした。
しかし、この雑誌実は読んでいないのも多いので、感想書く作品も限られるんです。

『神様ドォルズ』 やまむらはじめ
新連載。かなりそそられました。
猟奇的な事件で日常が暗転する展開、人形のデザイン、そして大人しい妹系ヒロインも私の好み。
(おそらく)人形を操って戦うというコンセプトは、類似の作品が多く見受けられるので、どのように差別化を図るかが注目点。
同級生と妹の三角関係の方でも、きちんと楽しませて欲しいです。
年末に、楽しみな連載が加わりました。

『ブラック・ラグーン』 広江礼威
冒頭でやたらと接近して銃を撃とうとするメイド。やけに落ち着き払ったガルシア。
腑に落ちない描写が数点ありました。
張の台詞が多く、大人な雰囲気を盛り上げてはいますが、ちょっと元気がないと感じるのが正直なところ。
あの婦長の再登場に期待しましょう。

『ヨルムンガンド』 高橋慶太郎
こちらはパンツも穿かずに元気いっぱい。
女性キャラの目の釣り上がりっぷりやら新キャラの口の形やら、キャラクターの顔が若干凄いことになっている気が・・・。

『ラバーズ7』 犬上すくね
なつきとデートするムネノリの表情がやたら若いです。
作者は意識して描いているのでしょうか。

『正義警官モンジュ』 宮下裕樹
面白い。
この作品は、山岸と神谷だけでこんなに話を回せるんですね。
重い展開が続く中、こんなエピソードを挿入されると、意外と効きます。
とにかく女性に対する山岸の欲望とそれに対する神谷の嫌悪っぷりがひたすら笑いを誘います。
スポンサーサイト
職場の近くの書店で購入し、カバーをかけてもらったエロF。
思わず帰りの電車の中で開いてしまいました。
さすがに『堀田』は人前で読むことは出来ませんでしたが、後はまぁ何とか・・・。

『ブラッドハーレーの馬車』 沙村広明
ストーリー自体は新鮮味がなく、大したことありません。
しかしそこで際立つのは、作者の並外れた画力とセンス。
展開もオチも大体わかっているのに、ここまで引き込むのはさすが。
最後の雪のシーンは、本当に寒くて暖かくて・・・。

『青い花』 志村貴子
単行本発売は嬉しいお知らせ。来月の目玉になりそうです。
今回も女同士の恋愛模様が延々と・・・。電車で読んでいて、これが一番恥ずかしかったです。
井汲さんを応援したくなりました。

『終わりと始まりのマイルス』 鬼頭莫宏
新連載。
独特の世界観が楽しいです。
画もうまいし、キャラの会話もなかなか私の好み。
『ぼくらの』初期の鬱屈とした感じが好きではなく、避けていた鬼頭莫宏ですが、きちんと読んでみようかな。

『ラビパパ』 安田弘之
とにかく、ナカちゃんとその仲間たちで読み切りを描いてほしいです。

『夢見る古都』 星野リリィ
星野リリィの女性キャラってすごいかわいいですね。眼福眼福。
登場キャラが一気に増え、期待を持たせる内容になっています。
オリガとアベドの寝室でのシーンには、ドキドキしました。
それにしても、ページ数が少ない。

『ばら色の頬の頃』 中村明日美子
ポールの見せる表情のひとつひとつが鬼気迫っていて非常にいいです。
次回で最終回とのこと。
これからどう話が膨らむかに期待していただけに残念。
仕事キツいです。
以上、近況報告。

『誰かがカッコゥと鳴く』 イタダタツヒコ
新連載。ホラーでしょうか。
けっこう独特の雰囲気があって、スリリングで面白くなりそうです。
夜の学校と不気味な子供は、ベタながら迫力ある組み合わせ。
あんまり怖くないほうがいいな。

『ブラックラグーン』 広江礼威
放送中のアニメの双子編が実にいい出来でした。アニメという媒体の力を感じましたね。
原作のほうでは、バオの店がひたすら壊されている展開。
正直、話を急いで欲しいところですが、バオの「おい、止めろ!俺の店がオープン・カフェになっちまう!」に大爆笑。
作者も楽しんで描いているのでしょう。

『新暗行御師』 尹仁完・梁慶一
文秀復活で、ようやくバトル漫画として楽しめる下地が出来たのかな、と。
これまでのキャラが勢ぞろいしています。
これからに注目です。

『正義警官モンジュ』 宮下裕樹
やはり新型は赤。神谷と三堀の絡みがいいです。
それにしても、少数精鋭のキャラで物語をまわしていく。これってかなりの芸当ではないでしょうか。
新刊が出たので、後日レビュー。

『ラバーズ7』 犬上すくね
とにかく最後のページ。
ようやくムネノリにライトが。
次号は見逃せないことになりそうです。
『ブラックラグーン』が載っていない今号。読者としてはかなりテンションが下がります。
巻頭ではアニメ化の情報が。
双子編と日本編がメインになるようなので、きちんと観ようかなと思っています。

『貧乏姉妹物語』 かずといずみ
次号最終回。
アニメ化され、人気も絶頂というこのタイミングでとは・・・。
新連載で続編の『貧乏姉妹物語Ⅱ』とか『もっと貧乏姉妹物語』とか『貧乏義兄弟物語』とか始まりそう。

『コイネコ』 真島悦也
新キャラ登場。
シンタ君の悩みの種が増えただけ。

『正義警官モンジュ』 宮下裕樹
センターカラー。
来月の単行本発売に合わせてプッシュされています。
モンジュ・山岸・神谷の何気ない掛け合いがいいです。ほろりとする展開もおつですね。
え、次号もセンターカラー!?

『ヨルムンガンド』 高橋慶太郎
11月に単行本発売とのこと。待っていました。
相変わらず女性キャラがピックアップされています。
仲間の野郎どもにちゃんとスポットが当たる日は来るのでしょうか。

『ラバーズ7』 犬上すくね
岩永さんが強力なキャラに。
これからますますムネノリをいじってくれそうです。
初々しい学生同士の恋もいいのですが、私が期待するのはダメ中年のヘタレっぷりなのですよ。
『マンガ・エロティクスF』は、私が新刊を楽しみにしている雑誌です。
奇数月発売の隔月刊ということもあり、総じて掲載作品のクォリティが高いのが大きな魅力です。
そのため、『青い花』・『ばら色の頬の頃』・『ラビパパ』・『ブラッドハーレーの馬車』など、繰り返し読み返す作品も多いです。

『青い花』 志村貴子
現在私が単行本を買っている作品の中では、最高クラスの面白さを誇る作品。
前号では杉本先輩の家族が強烈でしたが、今回はあーちゃんが中心に。
ふみちゃんや杉本先輩との絡みが堪能できました。いやあ、それにしても杉本先輩の首筋が色っぽい。
今月号も何度も読み返すことになりそうです。

『夢見る古都』 星野リリィ
新連載。画が綺麗です。
内容はよくわかりません。
初回なのですから(ただでさえ隔月刊ですし)、もっとページ数を増やして欲しかったです。

『パパイヤ軍団☆』 青木光恵
連載再開。初見だったのですが、これは面白い。
女の子もかわいいですね。キャバ嬢同士の恋愛というのもおつです。
この雑誌を買う楽しみが増えました。

『キナコタイフーン』 渡辺ペコ
AVの撮影現場が舞台というのも凄いですが、途中のAVのシーンに噴き出しました。
こういうバカバカしいのは大好きです。

『ばら色の頬のころ』 中村明日美子
本編である『Jの総て』が好きなのですが、この作品のほうが本編よりも完成度が高い気がします。
これからの物語を彩るであろう脇役たちの登場に期待が高まります。
特にドナが素敵。この作者には、もっと女性を描いてもらいたいなあ。

『ラビパパ』 安田弘之
和みますねぇ。
凄くいい!というわけではないのですが、ついつい繰り返し読みたくなる魅力があります。
すっかりみゆきママの虜なのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。